header
             
   
             
  健康診断のおすすめ

 丸 健康診断のおすすめ

 丸 検査内容と検査費用

 矢印 色々な検査について

 

尿検査
尿検査は、全身の状態を非常によく反映し、これは健康診断の基本になります。
尿比重の評価は肝臓病の早期発見に非常に大切です。
pH、蛋白、ブドウ糖、潜血、ケトン、ビリルビン、尿沈査の8項目と微量アルブミンの検査をします。

糞便検査
糞便検査も尿検査同様、健康状態を知る上で重要です。
ノミが運ぶ寄生虫や公園の砂場で感染する寄生虫など特に外に出る動物は感染の危険に さらされています。この検査では虫卵、原虫を顕微鏡で調べます。

血液検査
少量の血液を採り、血液成分を検査することにより、全身にわたる健康状態が把握できます。
ヘマトクリット、白血球数、蛋白、肝臓、腎臓、膵臓、糖代謝、脂質代謝、副腎、甲状腺などの状態を検査します。
この検査によって貧血はないか、炎症はないか、肝臓や腎臓などはおかしくないかなど非常に幅広い全身の評価が可能になります。

レントゲン検査
レントゲン検査では、胸部や腹部の内蔵とその周辺の病巣を映し出す事により外観からは分からない病気の多くを調べることができます。
心臓病の診断にも欠かせないものです。また脊髄や四肢の骨検査としても重要です。

超音波検査
レントゲン検査では判断しにくい各臓器の内部構造の把握(腹水、胸水、水腎症、脂肪肝、肝硬変、心臓の弁膜の動き、様々なガンなど)が可能です。
腹部と胸部の各臓器を一つ一つ観察します。超音波は体への影響はなく胎子にも安全です。

 
         

Copyright 2008 つなしま動物病院 All right reserved