header
             
   
             
  当院のご案内

 矢印 ごあいさつ

 丸 診察時間

 丸 診察内容

 丸 地図、駐車場

 

ごあいさつ
 こんにちは。つなしま動物病院、院長の獣医の武田です。1998年の晩秋に開業して以来、綱島の地にてどうぶつの診療をしてきました。
 嘘をつかず、まじめに診療する、『誠実な診療』を日々の診療の中で心掛けています。とは言うものの、『誠実な診療』を行うのは結構大変なもので、実際はスタッフやオーナーに助けてもらいながら、一生懸命にどうぶつの診療をしています。
 近年の獣医療は日々進歩しており、最先端の獣医療は人間の医療に近付きつつあります。つなしま動物病院の目指す獣医療は、最先端ではないが、どの診療科目も時代遅れのレベルではなく、『こんな動物病院が近くにあってよかった。』と言ってもらえるような獣医療を目指しています。これもまた言うのは簡単ですが、診療科目は内科、外科、皮膚科、眼科などの【病気治療】、ワクチン、歯石除去、健康診断など【予防医療】、育て方やしつけ方(心療内科も含む)などの【教育関係】までと大変広範囲にわたります。これらすべての分野を日々勉強して時代遅れにならぬように頑張っています。そのため、時々病院をお休みにして学会に行くことがありますが、どうぞお許しください。
 高度の獣医療を希望される場合は、グループ診療を行っているYACN、都筑区にある動物二次診療センター・動物CTセンター、または東京大学動物医療センターなどを紹介しています。
夜間の診療は、DVMsどうぶつ医療センター横浜 救急診療センターを紹介しています。
なるべく、苦しくない・いたくない治療
『なるべく、苦しくない・いたくない治療』を心掛けています。例えば、痛みが少ない注射の方法だったり、薬が飲めるなら注射はしないとか、痛くてしょうがない時は麻酔や麻薬を使ったり、あまりにもつらい苦しみや痛みを和らげる為ならば、時には副作用が強い薬でも使う、などです。
どの治療方法が正しいか、間違っていないのか、つらくないのか、はっきりわからない事も多いです。そのような場合は話し合いながら一歩一歩治療を進めていくことがあります。時には命にかかわる話し合いですから非常に大変な判断をしなければならない事もあります。そのときは『なるべく、苦しくない・いたくない治療』は何なのかを考えるよう心掛けています。
 つなしま動物病院は『こんな動物病院が近くにあってよかった。』と言ってもらえるように『誠実な診療』を心掛けて頑張りますので、よろしくお願いします。

 
         

Copyright 2008 つなしま動物病院 All right reserved